FC2ブログ
| ホーム |

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

坂本竜馬(龍馬)の名言

坂本竜馬(龍馬)の名言を知っていますか?

大河ドラマでも坂本竜馬(龍馬)が取り上げられるように、
坂本竜馬(龍馬)は、いろいろな名言を残しているのです。

有名なところは、新政府の人事の構想を練っていたとき、
そこに坂本竜馬(龍馬)の名前がなく、
そのことについて、聞かれると竜馬は、
「世界の海援隊でもやろうかの」と答えたというのです。

また、「死ぬときは、前のめりに死にたい」などと、
今の若者が聞いても胸が熱くなるような名言を残しているのです。

これほど、多くの名言が残っているのは、
坂本竜馬(龍馬)の交流が広く、
手紙が数多く残っているからです。

坂本竜馬(龍馬)の手紙を見ると、
書き方が現代風であり、今読んでも読みやすく、
その上、面白いのです。

坂本竜馬(龍馬)の名言がこれほどまでに、
若者に指示されているのは、
若者にとってわかりやすい言葉で、
その胸のうちを述べているからなのです。

特に、坂本竜馬(龍馬)のすぐ上の姉である、
乙女さんに対しては、姉としてだけではなく、
母親と同じような感情を抱いていたようで、
勝海舟の弟子になったときもいち早く手紙を送り、
「日本第一の先生の弟子になりもうし候」と報告し、
そのたといいかにも自慢げに、
「エヘン エヘン」と書いているのです。

これだけでも、当時の男性としては、
非常に珍しい存在ではないでしょうか?

人を説得するときも、理屈だけではなく、
損得勘定を含め、人情をとき説得したようで、
松平春嶽なども、坂本竜馬のパトロンとなり、
いろいろと力を貸したようなのです。

今、坂本竜馬が注目されるのは、
彼のように、人を動かすことが出きる人を、
多くの人が望んでいるからではないでしょうか?

スポンサーサイト

坂本竜馬(龍馬)の写真

坂本竜馬(龍馬)の写真は、
当時の人物としては珍しく、
いくつかの年代に分かれて残っているんです。

一番有名な坂本竜馬の写真は、
右手を懐に入れ、ブーツを履き、
遠くを見ているような姿のポーズの写真ですが、
近年、土佐藩士のころの写真が見つかったのです。

一つは、土佐藩の仲間と一緒に写っている写真であり、
もう一つは、縁台に座っている写真です。

面白いことに、縁台の写真もカメラ目線ではないのです。

このことを見ると、坂本竜馬は、
恥ずかしがりや立ったのかもしれませんね。

でも、このように時を離れて写真が残っているのは、
以上に珍しいのです。

大体写真自体が、当時珍しいものであり、
そんなにどこかしこで取れるものではないからなのです。

坂本竜馬は、人脈が多く日本中を駆け巡っていたので、
このように、時が分かれ写真を残すことが出来のでしょうね。

また、写真が残っていることで、
色々なことも底から見て取れます。

若いときの写真を見ると、
当時、土佐藩で流行していた長い刀を、
若もがさしていたり、
後期の写真を見ると、少し額が広がっていて、
目が悪いためか非常に細くあけられていることなど、
文献だけではわかりずらいことが、
写真を見るとすぐにわかっるのです。

また、坂本竜馬の後期の写真とっているポーズは、
坂本竜馬好きのひとのイメージを広げ、
懐に入れたては、拳銃を握っているとか、
万国公報をにぎっているとか、
坂本竜馬好きのひとのイマジネーションを
広げてくれるのです。

写真一つでも人気のある坂本竜馬。
今考えても凄いことですよね。

坂本竜馬(龍馬)のグッズ

坂本竜馬(龍馬)のグッズは、
歴代の志士の中でも群を抜いて一番多く販売されています。

坂本竜馬のグッズがこれほど多く出ているのは、
それは、当時の派遣社員のような郷士の出身なのに、
最後は、天下国家のために働くと言う、
スケールの大きさからではないでしょうか?

そんな坂本竜馬のグッズの中で一番人気があるのは、
なんといっても坂本竜馬のポスターだと思います。

当時としては、珍しい写真が残っているだけでなく、
足元をみると、ブーツを履いてカメラ目線でないところに、
多くの人は、ひきつけられるのではないでしょうか?

当時の写真と言えば、魂を抜かれるなどと、
不評が流れたり、多くの人の写真が、
カメラをにらむようにしているのに対し、
坂本竜馬は、どこ見ているのかわからず、
遠くを眺めているようなポーズ、
そんな、ポスターが欲しいという人は沢山います。

私も、坂本竜馬のグッズのアイテムの一つとして、
ポスターは持っていました。

でも、私が一番気に入っている、
坂本竜馬のグッズは、
霊山護国神社で売られていた、
坂本竜馬のお守りなのです。

お守りと言ってもホームベース型の木切れに、
焼印で坂本竜馬の家紋が押されたものですが、
この坂本竜馬のお守りがなんとなくいいのです。

大きくなく邪魔にならないので、
私は、自分のカバンなどに目印代わりに、
このお守りをつけています。

坂本竜馬のグッズには、Tシャツはもちろん、
人形、マスコットまで数多くありますが、
あなたが気に入っている、
坂本竜馬のグッズは何ですか?

坂本竜馬(龍馬)の本で一番人気があるのは

竜馬(龍馬)ので一番人気があるのは、
やはり、「竜馬がゆく」ではないでしょうか?

竜馬について書かれたは異常に多くあり、
年齢、性別にかかわり無くいろんな人が読んでいます。

なぜ、こんなに坂竜馬が指示されているのか、
考えてみると、男性にとっては、わくわくさせることが、
非常に多くあり、共感できるからであり、
女性にとっては、竜馬の優しさや大きさに、
惹かれるからではないでしょうか?

そんな中で「竜馬がいく」が多くの人に指示されているのは、
きちっと時代考証されているのに、
現代小説のような読みやすさがあるからでないのでしょうか?

私自身、坂竜馬にいて書かれた本は、
色々と読んでいるのですが、
やはり、「竜馬がいく」は、スピード感や、
ワクワク感からでも一番優れている本と思います。

でも、最近では、坂本竜馬よりも、
周りの女性、特に坂本竜馬の妻である、
おりょうさんに着いてかかれる本が、
非常に多くなってきています。

坂本竜馬には、常に女性がそばにおり、
幼少のころは、乙女姉さん、修行時代は、
千葉さなこ、そして、京都時代には、
船宿寺田屋の女将、お登勢、
最後に、妻のおりょうとなります。

そんな中で、一番日本中を駆け巡ったときに、
傍にいた、おりょうさんの目を通して書かれた、
坂本竜馬の本が意外と新繊維感じるか羅だと思います。

坂本竜馬の本は、竜馬の斬新な考え方から、
経営や営業の本としても色々と出ています。

これも、当時としては優れた交渉能力と、
経済観念があったからでしょう。

今後も、坂本竜馬の本は、色々と読み継がれていくと、
私は思うのです。

フリーメイソン に 坂本竜馬 が所属していた?

フリーメイソン に 坂本竜馬が所属していたのではないかと、
最近、ミステリー番組や本で取り上げられることが、
非常に多くなりました。

フリーメイソンはユダヤ人の集団であり、
そのグループに坂本竜馬が所属していたとは、
にわかには信じられないのですが、
坂本竜馬が足しげく通い、
殺傷同盟のときに大いにかかわった、
銃の購入で活躍した長崎の商人グラバーが、
フリーメイソンのメンバーであったので、
その関係で坂本竜馬がフリーメイソンに、
所属していたと言われているようなのです。

長崎のグラバー亭で有名な商人グラバーが、
なぜ、フリーメイソンのメンバーとわかったと言うと、
そのグラバー亭にフリーメイソンのシンボルが、
残っていたからなのです。

シンボルぐらい付き合いで残すと思われがちですが、
フリーメイソンは独特の団体であり、
そのシンボルをむやみに自分の自宅の石碑に、
残したりはしないと言うのです。

ある研究者は、坂本竜馬が考えた船中八策にも、
フリーメイソンの教義の一つである、
自由と博愛が読み取れると言います。

確かに、土佐では馬鹿にされていた坂本竜馬が、
画期的な船中八策を作ったとは考えにくいですが、
でも、江戸のころから頭角を現していたので、
色々な人の影響で船中八策を思いついたと、
考えるほうが自然であり、
坂本竜馬の交流関係から学んだものの集大成のような
気が私はしてならないのです。

そのなかでは、もちろんグラバーから、
フローメイソンの教え設けたかもしれませんが、
坂本竜馬は、土佐勤王党にも、
名前を残しているように、
どんなグループにも誘われたら、
とりあえず参加していたと思うのです。

でも、フリーメイソンが坂本竜馬に接近していたと思うと、
なんとなんくゾクゾクしませんか?


| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。