FC2ブログ
| ホーム |

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

坂本竜馬(龍馬)と新婚旅行

坂本竜馬(龍馬)が、日本で一番最初に、
新婚旅行に行ったことが最近徐々に知られ始めました。

坂本竜馬の新婚旅行は、純粋に新婚旅行なのではなく、
京都で、幕府側の捕り方に襲われたときに、
右手の親指があわや切断かと言うほどの、
大きな傷をおい、その湯治として九州に言ったのです。

ただ、坂本竜馬が新婚であったので、
西郷隆盛が気を使い、妻のお竜さんも一緒に、
九州に招待したのです。

湯治とはいえ、乙女姉さんに坂本竜馬が送った手紙を見ると、
まさに新婚旅行そのもので、
坂本竜馬は、妻のお竜さんをともない、
山で、拳銃で鳥を撃ったり、
霧島に上り、霧島にある天の逆矛を引き抜いたりなど、
新婚旅行を謳歌したことがよくわかります。

九州に行った際に坂本竜馬が入ったと言う温泉が、
今でも残っているのですが、
旅館とすぐ傍の川との間にある、
露天風呂なのですが、
最近、老朽化が進み、今では入浴することが出来ないようです。

でも、当時としては、結婚したばかりの侍が、
奥さんを連れて新婚旅行をするなど、
とても考えられない時代であり、
まだまだ、男尊女卑の時に、
現代のように新婚旅行を楽しんだ坂本竜馬は、
すごく価値観の変わった男性と言えるでしょう。

これは、他のページにも書いたのですが、
3人の姉にかわいがられてきて、
女性に優しく接することに抵抗が無かったからだと思えます。

また、坂本竜馬自身、侍と言っても、
郷士と呼ばれる、半分武士で半分町人の家柄ゆえ、
女姉妹ともこのように付き合えたのでしょう。

坂本竜馬以前新婚旅行に行った人もいいるでしょうが、
やはり、記録に残っている坂本竜馬が、
新婚旅行に始めていった日本人と言っても、
かまわないと思います。

スポンサーサイト

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。